滑走姿勢

昨日、「これからの春スキーで滑走ポジションの確認を・・・」とコメントしました。
では、どんな姿勢がアルペンレーサーの姿勢かを簡単にアドバイスしましょう。

「姿勢矯正椅子」ってご存知ですか?
b0026181_11364671.jpg


「骨盤を立てて!」
「腰高姿勢!」
「背筋を伸ばして!」
「後傾してるぞ〜!」
ってコーチに言われていませんか?

この椅子に座ったイメージで、足首の前傾角度を保って、すねと胸の角度を平行にします。
ジュニア選手を見ていると左側の椅子に座っているような姿勢でスキーをしています。
これを右の椅子に座っているような滑走姿勢に矯正するのです。
姿勢矯正椅子の説明イラストですから、足首は伸びてしまっていますが・・・・。
b0026181_11402242.jpg


常に、カカトはおしりより前にするにはモモが地面と水平では無理なのです。
「腰高」とは、「太ももを寝かさないこと」なのです。

これが腰高な姿勢です。
b0026181_11483828.jpg



基礎スキーとアルペン(競技)スキーのそれぞれの理想とするフォームは明らかに違います。
スキー雑誌のデモンストレーターの滑走フォームをジュニア選手の記憶に刷り込んではいけません!
ワンピを着てヘルメットをかぶって、できればフリースキーをしているトップ選手の画像や映像を見せてあげてください。
雑誌でのレーサーの大会画像はミスの後の派手なリカバリー画像が多いのでトップ選手が理想の滑りをチェックしているフリースキーでの画像や映像が良いのです。


『 がんばれ! 静岡県ジュニアアルペンレーサーたち! 』
# by big_white | 2016-03-30 11:56 | 静岡ジュニア

男子
優勝 相原(北海道)
2CUT 山中

女子
優勝 若月(北海道)
2CUT 清水小


2本目がタイムでカットされるK2クラスでは、SAJ公認レースに参加してポイントを上げてできるだけ早いスタート順を確保しなければ3月終盤の全日本ジュニアでは2本目に進むことも難しいのです。
大きなゼッケンからでも上位を狙えるように整備されたバーン以外でのトレーニングも必要なのかもしれません。


来シーズンに向けて、強さに差が出るのはこれからの緩んで重い悪雪での滑走トレーニングです。
まずは滑走ポジションの確認をしてみてはどうだろうか。



『 がんばろう! 静岡県ジュニアスキーチーム! 』
# by big_white | 2016-03-29 18:11 | 大会リザルト

男子
優勝 遠藤(北海道)
63位 原[36] +17.26

女子
優勝 小林(長野)
40位 清水千[6] +17.69

このクラスでは男女共に富山県の健闘が目を引きました。
男子では宮島[25]、女子では今村[58]、上島[55]が大きなゼッケンでトップ7に入ってきました。
富山県のジュニア強化は順調なようで来期も楽しみです。

原も清水もこのメンバーの中でよく戦ってくれました。
スラロームで言えば、原は30位まで6秒半、清水も7秒と決して追いつかないタイム差ではありません。
2本合計6秒差は1ターン0.05秒差なのですから。
来期は30位まで3秒につけて欲しい、いや30位も夢ではありません。



『 がんばろう! 静岡ジュニアアルペンレーサーズ! 』
# by big_white | 2016-03-29 09:35 | 大会リザルト

快挙です !

26日札幌手稲スキー場で開催された全日本選手権男子大回転で・・・、なんとジュニア選手が優勝 !
このジュニア選手は小学生時代から注目されていた野沢温泉スキークラブの加藤聖五(1998年生まれの17才)、今シーズンは高校選手権連覇の小山が男子ジュニアの話題をさらっていて、オーストリア留学中の彼のことが気になっていましたがシーズン終盤でしかも全日本選手権を制覇とは・・・・・・。
静岡からは富岡(1997年生まれ)が参戦し107番スタート96位。
加藤聖五がどれほど凄いか解りますね。


全日本選手権男子大回転トップ7です。

b0026181_11242177.png



全日本選手権男子回転トップ7です。

b0026181_1135385.png

# by big_white | 2016-03-28 11:29 | アルペン情報

ジュニオリと呼ばれる「全日本ジュニアスキー選手権 」が26日からほおの木平で開催されています。

K1(小5、6クラス)はスーパー大回転、K2(中学クラス)は大回転の結果
     [ ]はスタート順、+は優勝者とのタイム差

K1男子
優勝 宮島(富山)
63位 原[35] +6.02

K1女子
優勝 渡辺(長野)
42位 清水千[29] +6.65

K2男子
優勝 相原(北海道)
2CUT 山中[134]

K2女子
優勝 若月(北海道)
2CUT 清水小[111]


『がんばれ! 静岡ジュニアスキーチーム! 』
# by big_white | 2016-03-28 11:17 | 大会リザルト

高校選抜 スラローム

速報で一部お伝えしましたが、高校選抜スラロームの優勝者と静岡ジュニアのリザルトです。

SL
優勝 若月 新潟八海
27位 加藤 +11.13 (70.26)

女子
優勝 富井 長野俊英
70位 三ツ井 +30.02 (182.31)



『 がんばれ! 静岡県ジュニアスキーチーム! 』
# by big_white | 2016-03-15 11:14 | 大会リザルト

富山チルドレン

たいらスキー場で開催された富山チルドレンのリザルト
静岡ジュニアの順位の後の数字は優勝者とのタイム差、()書き内数字はレースポイント。
もちろん、優勝者とのタイム差もレースポイントも少ない方が良く、レースポイント0.00は優勝者(チャンピオン)を示します。
レースポイントに付いては、近いうちに解説します。


3/12 大回転
K1男子
優勝 宮島 富山(6)
15位 五十嵐(5) +14.63 (140.78)
K2 男子
優勝 新谷 岐阜(2)
23位 山中(2) +5.77 (56.23)

K1女子
優勝 小林 富山(6)
14位 清水千(6) +11.10 (101.41)
K2女子
優勝 難波 愛知(3)
22位 小原(1) +12.97 (122.70)
24位 清水小(2) +15.00 (141.91)



3/13
スラローム
K1 男子
優勝 宮島 富山(6)
K2 男子
優勝 堀江 京都(1)
11位 山中(2) +8.11 (76.72)

K1 女子
優勝 清水 富山(6)
11位 清水千(6) +13.03(106.6)
K2 女子
優勝 難波 愛知(3)
14位 清水小(2) +10.55 (87.85)
28位 小原(1) +27,35 (239.07)



『 がんばれ! 静岡県ジュニアスキーチーム! 』
# by big_white | 2016-03-15 11:11 | 大会リザルト

3/13 快晴の南信州ブランシュたかやまスキーリゾートで2016静岡県ジュニアスキー大会が開催されました。

各クラスの優勝者を速報します。

小学1・2年 男子 斎藤拓未(上井手小2)
 〃 女子 参加者なし
小学3・4年 男子 大石晴文(富士根小4)
 〃 女子 表彰者なし
小学5・6年 男子 原 遼(駒越小6)
 〃 女子 斎藤菜月(上井手小5)

中学 男子 鈴木孝之介(開成中2)
  〃 女子 山田果歩(島田二中1)

高校 男子 宮川拓也(星稜高1)
  〃 女子 山中紗蘭(加藤学園3)

各クラス参加者が減り続けている中、中学女子は激戦でした。
優勝した山田果は1年生、小学高学年を優勝した5年生の斎藤菜と来シーズンが楽しみです。
今日のレースにはエントリーしませんでしたが県選手権大回転を中学1年で制した小原、ジュニオリ県代表に選ばれた清水姉妹、県ジュニア大会を制した山田、斎藤、そして原栞、斎藤成美、進藤日茉莉、高木美佳と来シーズンの女子K1,K2チルドレンクラスは良い選手が揃っていますからこれからの練習次第では混戦が予想されます。
来シーズンの高校女子は山中紗が抜けるものの原口が上がってこちらも混戦模様。
チルドレン世代は、1シーズンでランキングが大きく変わります。
今シーズンは雪が少なく苦労しますが、3月終わりから5月の連休までの緩んだ重い雪でのトレーニングは滑走ポジションを矯正するにはもってこいの練習環境です。

b0026181_19394911.jpg




『 がんばれ! 静岡県ジュニアアルペンレーサーズ! 』
# by big_white | 2016-03-13 19:47

速報! 高校選抜

高校選抜三日目最終日の速報です。

やりました❗️
スラローム男子で加藤が71番スタートから27位と大暴れ!
4月から東京農大に進学して学連レーサーになる富岡からしっかりと静岡県ジュニアスキーチーム 男子エースの座を引き継いでくれました。




明日13日は、ブランシュたかやまで静岡県ジュニア大会。
さあ、女子のエースはだれ?


「 がんばれ! 静岡県ジュニアスキーチーム! 」
# by big_white | 2016-03-12 17:49 | 静岡ジュニア

高校選抜 大回転

10日から志賀高原で開催中の全国高校選抜スキー大会に静岡から加藤、三ツ井が挑んでいます。

[1日目]
男子 大回転
優勝 中川 慎(札幌第一) 14612
68位 加藤 15727

女子 大回転
優勝 片桐(北照) 15232
DNF1 三ツ井

[二日目]
大回転 男子
優勝 若月隼太(八海)14359
66位 加藤 15569

大回転 女子
優勝 片桐(北照) 15138
91位 三ツ井 21403


注目すべきは、なんと言っても片桐麻海(北照)の2連勝、そして男女共に15位までには北海道・長野を中心に強豪県選手がひしめいていますが、男子に2レース共に50番台のゼッケンから神奈川の選手が・・・、慶応義塾高校の山田は先輩3年の石渡を追いかける1年生、ポイント順にスタートする高校選抜では50番以降の選手が上位に飛び込んでくることは珍しいのですが、彼は2000年生まれでK2レーサーですからジュニオリでもその滑りを観れるかもしれません。法政二高2年の宮崎と共に高校生はお隣神奈川が熱い! 

西隣の愛知のチルドレンも熱いです!



『 がんばれ! 静岡県ジュニアスキーチーム! 』
# by big_white | 2016-03-12 08:25 | 大会リザルト

静岡県ジュニアアルペンの応援ブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30